ザイロリックの説明をする男性
ザイロリック通販情報局   >   薬以外の痛風対策

薬以外の痛風対策

痛風を引き起こすもの

痛風治療としてザイロリックなどの薬が有効であると言いましたが、それ以外にも痛風と向き合う上でできることはあります。

それは生活習慣の改善です。

痛風はお酒の飲み過ぎによって発症してしまうものだと世間的に知られていて、一昔前までは「ぜいたく病」などと揶揄されたりしていましたが、今では、「大量飲酒をするから痛風になる」という因果関係は、大きな原因ではなく、痛風になる上での一つの要因に過ぎないことがわかっています。

では、痛風になる大きな原因は何かというと、主に生活習慣からくるものとされています。乱れた生活習慣が痛風を招いてしまうということですね。もはや「ぜいたく病」ではなく「ぜいにく病」といってもいいでしょう。

まぁとにかくザイロリックなどの薬以外で痛風対策を行うとしたら生活改善が必須なのですが、その中でも重要なのは食事改善です。

というのも、痛風は尿酸が体に多く溜まる(高尿酸血症)ことによって引き起こされるのですが、その尿酸のもととなるのがプリン体と呼ばれるもので、かつてビールの飲み過ぎが痛風になると言われていたのも、ビールがプリン体を多く含むからでした。

なので、食事改善を行う上ではプリン体を多く含む食品の取りすぎに注意し、プリン体の少ない食品を摂取したり、あるいは尿酸を体外に排出してくれる食品を摂取することが重要になってきます。

プリン体を多く含む食品というのは、肉類、魚類、きのこ類などですね。(すべてが高いわけではありません。詳しく見れば逆にプリン体が低いものもあります)これらは日常の食事の主力メンバーであるので、これを一切食べないというのはできないかと思います。

でも意識してとりすぎないようにすることが可能なはずなので、まずはこれらの取りすぎに注意しましょう。そしてプリン体が少ない食品は、海藻類、野菜類ですね。これらは積極的にとるようにしましょう。また乳製品は尿酸を体外に排出してくれるので、かなりオススメです。

このように食事改善をはじめとした生活改善を行うことで尿酸値を下げ、痛風を予防することができます。